企業理念

CIコンセプト

お客様の期待に応えられるものづくりで
ユーザーフレンドリーな会社
「C l 」(Corporate Identity)とは、V I (みため)・M l (心の持ち方)・B l (行動)の3つの要素から構成されており好感度の高い企業イメージを創るための活動です。
顧客とコミュニケーション力にたけた愛される企業になり、企業・商品サービスに対する統一認識、良い統一認識イメージをもっていただき、お客様から選んでいただけるような企業になるための全社的な統一的活動を行って参ります。

  1. 1新しく、使いやすい、分かりやすい商品をつくる
  2. 2働きやすさをソフトウェアやサービスで創造する
  3. 3お客様に信頼され、First Callをいただける

我々の誓い

Cl活動ではMl(マインド・アイテンティティ)といいます。
企業活動、組織運営をしてゆくときの基本的な心構えです。

  • ・お客様とともに
  • ・先進的なものづくり
  • ・卓越した技術力
  • ・専門性の高い社員
  • ・働きやすい組織文化

 

株式会社松山電子計算センターは、情報システムの提案・構築・運用までの先端技術サービスと、
ソフトとハードを提供する総合情報コンサルティング企業です。

 近年、IT革命によって、日本をはじめ、世界中が大きな変貌を遂げています。
当社も"新技術の可能性への挑戦"を揚げてスタートし、日々進化を繰り返してきました。

 目まぐるしく変化する情報化社会にあって、勝ち抜く力を持った企業であるためには、
業種に特化したトータルソリューションを提案していくことが重要です。

 そして、経営の資源は何より「人」です。それぞれの個性を活かし、環境の変化に素早く適応し、
グローバルな視野で考え、行動できる社員を育てることが、経営者の責務と考えています。

 現在、私どもは県内を対象とした医療システムと、地域から全国へと市場を拡大している自社開発の
パッケージソフト「現場主義」、「田舎主義」をメインに営業展開しており、将来的には世界進出を目指しています。
システムの提案、構築、運用の徹底が、着実に成果となって現れています。

 いまや、市場は地球規模に拡大しています。最先端技術分野の一翼を担う企業として、
世界に通じるスペシャリストを目指し、これからも進化し続けたいと思います。

株式会社松山電子計算センター
代表取締役 山内 博司

会社概要

名称
株式会社松山電子計算センター
所在地
〒790-0003 愛媛県松山市三番町4丁目9-12
TEL
089-934-7711
FAX
089-934-7710
設立日
1970年7月24日
資本金
3000万円
代表
取締役
山内 博司
事業内容
自社パッケージソフト販売
医療総合情報システム販売
ソフトウェア開発
クラウドサービス販売

アクセス

電車でお越しの方
・伊予鉄道「松山市駅」より徒歩7分
・伊予鉄道「市役所前駅」より徒歩3分
・JR予讃線「松山駅」から車で7分
お車でお越しの方
・松山ICより車で20分
松山空港からのアクセス
・松山空港から車で20分
松山観光港からのアクセス
・松山観光港から車で30分

沿革

1970年7月
地元中堅企業35社の出資により会社設立。USAC1500機で受託計算処理事業開始。
1976年7月
電算室の運用管理事業を開始。
1981年1月
電算機販売事業を開始。
1983年4月
ソフトウェア開発事業を開始。
1991年5月
新社屋落成。
1995年5月
自社パッケージ商品販売開始。 
※産地直送システム『田舎主義』 
※店舗情報システム『現場主義』
1996年4月
自社パッケージ商品全国展開強化。
1998年12月
産地直送システム簡易版完成『産直畑』。
2000年11月
愛媛バリューズモール(FCN-VCN) 
※インターネットショッピング開始。
2001年6月
バリューズモール四国(FCN-VCN) 
※四国四県に拡大。
2003年4月
こだわり流通事業の開始。
2003年7月
プライバシーマークの取得。
2004年4月
『現場主義』富士通アプライ商品として登録連携。
2005年7月
プライバシーマーク更新。
2006年4月
社内業務可視化開始。
2007年7月
プライバシーマーク更新。
2010年7月
創立40周年記念事業開催。
2010年9月
自社パッケージ商品クラウドコンピューティング開始。
2016年4月
クラウドのコンテンツ・マネジメント・プラットフォーム『Box』の販売開始。
2017年4月
CRM+SFA+MAの管理ソフト『Dr.Sales』の販売開始。